プチプラなのに一目置かれるオシャレ女子☆ 元アパレル店員が答えるファッションQ&Aサイト

menu

Adfashionia

体型カバーに効く!ワイドパンツの選び方&着こなし術☆

20150226102500710_1000

こんばんはー

料理熱が上昇中!

Adファッショニスタのウエハラミキです。

 

最近家にいる時間が増えたので

ゆっくり料理をする時間も取れるようになったのですが、

寒くなってきたので

煮込み料理とかじっくり作りたいな!って気分です(*´ω`*)

素材とかもこだわって挑戦してみようかな〜

 

★☆★

 

130727_mash_001

出典:WWDJAPAN

 

今日は楽しみにしていた大型ファッションショー。

行きたいと思いはじめて、早2年弱。

ようやくチケットが取れたの!!

 

もちろん私も精いっぱいのおしゃれで参加。

こないだ店員さんにコーディネートしてもらった

トレンドのタートルの白ニットに、

キャメル色のコーデュロイのタイトスカート。

 

本当はヒールを履きたかったけど、

今日は立ってる時間が長そうだからぺたんこのモカシンにしちゃった。

 

背が小さいからボトムは短くないと格好がつかないんだけど、

そろそろ足出しに抵抗が出てきたし、

何よりいつも同じようなシルエットになっちゃうのが悩みなんだよなあ(´・_・`)

 

ま、とにかく今日は楽しもう!!!



初めて生でモデルさんを見たけど、

みんな顔小さいし細いし背が高い!!!

可愛いしかっこよくて惚れ惚れしちゃった!

 

だけどモデルさんだけじゃなくて、

見に来てる人もおしゃれでスタイルいい人ばっかで、

ちょっと面食らっちゃったよ…(´д`)

 

特にワイドパンツとかを履いて

颯爽と歩いてる人なんか素敵だったなー

着てみたいけどやっぱり私みたいに背が低いと難しいよねぇ…

 

N112_nayandahyoujyou-thumb-1000xauto-14535

 

 

 

今シーズンは70年代ファッション、特にボヘミアンスタイルが

トレンドなこともあって

ワイドパンツをよく見かけます。

 

素材も、ボヘミアンらしいデニムだけでなく

ツイル(綿)やレーヨンなどバリエーション豊富に出ていて、

いろんなテイストのコーディネートに合うようになってきています。

 

流行なら取り入れてみたい!と思っても

「バランスが取りづらい」

「太って見えそう」

「靴はどうすればいいの?」

などと手を出せずにいる人が多いのではないでしょうか。

 

 

そこで!今日は

体型カバーもできてトレンドもおさえられる!

ワイドパンツの選び方&着こなし術を解説していきます(`・ω・´)

 

20150226102500710_1000

出典:WEAR

 

 

 

1、まずは着やすい引き締め色を!

 

9764888_8_D_500

出典:ZOZOTOWN

 

ネイビーや黒などのベーシックで濃い色が

着まわしも利きますし、着やせして見えます。

 

 

2、センタープレスが入っているものを選ぼう

 

70726f647563742f32303135303832315f3231623863612e6a7067003533330000740023666666666666

出典:Le salon de minou

 

中央にまっすぐ縦のラインが入ることにより、

足長、スタイルアップ効果が狙えます。

 

またセンタープレスが入ることにより、

カチッとした印象になるので

大人っぽくみせたいときに特におすすめです。

 

 

3、トップスは短く!またはウエストイン!!

 

300x384xbuggy7.jpg.pagespeed.ic.xS2I5ukoMt

出典:新米主婦のファッション・美容ジャーナル

 

下半身にボリュームが出る分、

上半身をすっきり見せることが大事です。

 

ショート丈のトップスを合わせるか、

手持ちのトップスをウエストインすることで

目線を上にあげましょう。

 

 

4、顔まわりにポイントを作る

 

さきほども挙げましたが

「目線を上にあげる」ことが重要なポイント。

 

そのため

帽子をかぶったり、

IMG00194_HDR-2

 

髪をまとめたり、

20151023164733851_1000
出典:WEAR

 

大ぶりなアクセサリーをつけることで

original のコピー
出典:MERY

 

頭・顔の方に目がいくようにします。

 

 

5、ヒールで高さを出す

 

IMG00194_HDR-1

 

顔まわりの話をしましたが、

もちろん足元も忘れてはいけません。

パンツの裾が地面スレスレだと

それだけで重く・野暮ったく見える危険性あり。

ヒールで底上げし、軽さを出しましょう。

 

 

 

以上、5つのポイントを紹介しましたがいかがでしょうか?

「こうすれば自分にも着られそう!」と、

ピンときたポイントからでいいのでぜひ実践してみてください(^^)

 

20150226102500710_1000

 

そしてまだワイドパンツを持っていない方は

これを機にぜひゲットしてみてください!

あなたをおしゃれに魅せてくれる1本、そしてコーディネートが

きっと見つかるはずです…!!

 

「役に立った!」「教えてあげたい!」と感じたら

ぜひ下記SNSのシェアボタンを押して

あなたの周りの方にお伝えしてくださいね(*^o^*)

「もっと知りたい!」「相談したい」という方は

ぜひぜひコメントください☆

読んでいただきありがとうございました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031